東海道新幹線

日本を代表する新幹線と言っても過言ではない東海道新幹線。日本の鉄道技術を象徴するものとして海外からもファンが多いと言われています。開業した1964年の10月1日から世界の鉄道を引っ張ってきたその歴史にはノウハウが蓄積されています。車両形式は700系とN700系で、こだま、ひかり、のぞみが使用列車です。最高時速は285kmとなっています。

さて、使用車両であるこだま、ひかり、のぞみという名前ですが、こちらには少し所縁があります。まず初めに付けられたこだまですが、こちらは音の速さと比較するほどに早いスピードを持つ新幹線だということを意味しています。その後に登場したひかりは、さらに早い光速を表現しています。

最後に登場したのぞみは、停車駅が少ないという特徴があるので、最も早く目的地に到着します。このような特徴から、光速よりも早いスピードを実現したいという想いを込めて「のぞみ」という名前になったという意見もあります。

東海道新幹線は、日本の高速鉄道を代表する新幹線です。そのため、この新幹線を見たくて海外からやってくるという人も少なくありません。この新幹線をオリジナルとして、新幹線は日本全国に飛び回ったと思うと感慨深いです。