リニア新幹線

夢の超特急であるリニア新幹線は、別名「中央新幹線」とも言われています。世界初となる超電導磁気浮上式リニアモーターカーを採用しており、その時速は最高速度で505kmです。この速度により、東京から名古屋間を最速で40分、東京から大阪までを最速で67分で結ぶことが出来ると言われています。

営業に向けて最終的な走行実験のために開発されたのはL0系です。エルゼロ系、と読みます。こちらは2015年の4月21にテスト走行で最高時速603kmを達成しました。これは世界の鉄道最高速度記録です。山梨県にある県立リニア見学センターでは、リニア新幹線の試験走行を見学することが可能です。また、試験車両の実物を見ることも出来るため、リニア新幹線に興味があるという人は行ってみるのも良いかもしれません。

2027年の開業予定の中央新幹線は、その10年後の2037年までに大阪までの全線が開通する予定です。この予定通りに行けば、私たちの子どもや、その孫と一緒にリニア新幹線を体験できる未来が来ると予想が出来ます。高速鉄道が登ってきた一つの山の頂上とも言えるリニア新幹線を通じて、日本はさらに近くなり経済圏の捉え方も変わってくるかもしれません。そうなると、新たなビジネスチャンスの創出も考えられます。