新幹線の定義

新幹線の定義とは、実は法律で定められています。法律上の新幹線とは「主たる区間を列車が時速200km以上の高速走行が出来る幹線鉄道」となっております。このことから、時速200kmで走る区間があれば、それは新幹線と定められるのです。そして、それ以外の鉄道は、たとえ新幹線のような形状をしていても在来線と定義されます。例えば、山形新幹線や秋田新幹線などは時速130kmで走っているので新幹線ではありません。

新幹線が高速運転を実現する理由は、レールの間が一般的なレールよりも広いという特徴にあります。ちなみに、このレールの幅は新幹線だけではなく、私鉄や地下鉄の一部に使用されています。さらに、電圧も通常の20,000ボルト程度と比べて25,000ボルトと高圧になっています。また、営業路線に踏切が無いということも高速運転を可能にさせる要因となります。

新幹線の定義は時速200kmで走る区間がある幹線鉄道です。そのため、厳密に言えば、新幹線のように見えても在来線だという場合もあります。また、レールの幅が広いことや、電圧が高圧であること、さらに、踏切が無いということも高速で加速出来る理由になっています。このようなことが新幹線の性能を最大限に引き出すことに繋がるのです。